Skip to content

いろいろな場所に発生する家雨漏りの原因

家雨漏りにはさまざまな発生の仕方があります。雨が降った時に天井、壁、窓枠などから滴が滴り落ちてくる。普通な雨なら大丈夫だが風が或るときだけ発生するケースもあります。また雨が漏る現象は起こらないが、天井にシミがある、部屋がかび臭いなどの場合も家の内部に雨が漏っていることもあります。

家雨漏りは発生する場所によりさまざまな原因があります。天井からの雨漏りは屋根が主な原因です。棟の継ぎ目が多い家屋は発生しやすく、家屋の築年数が経過するほどリスクが高くなります。この他にも瓦などのひび割れ、防水塗装の劣化などでも発生します。

壁からのものは外壁のひび割れ、傷などのほかに外壁塗装の劣化があります。特に大雨や風が激しい時に起こりやすく、外壁のメンテナンスを怠ったのが原因で発生します。この他にも窓やベランダ、屋上から雨漏りは起こります。窓からのものは窓ガラスと窓枠に隙間が生じることで発生します。

窓の周辺や下部にしみやかびが発生した時は注意する必要があります。ベランダや屋上は雨の影響を受けやすい場所です。大雨が降った時は雨水が溜まることもあり、雨漏りが起きやすく、また一般的にコンクリートでできているため、経年変化でひび割れなどが起こり発生します。家雨漏りは家の中に水が侵入し部屋の中の湿気が増すだけでなく、かびが発生し家の中が不衛生な状態になります。

また放置しておくと莫大な修理費がかかることもあります。見つけ次第早めに専門の業者に依頼して修理する必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です