• 母の日に関する歴史と詳細

    日本では五月の第二日曜日は母の日となっており、日頃の母の苦労をねぎらって感謝の意を伝える日となっています。ただし世界的にみると日本同様に五月の第二日曜日となっている国も多いですが、他の月日となっている国もあり、必ずしも五月の第二日曜日というわけではありません。

    母の日に関する情報を提供中です。

    また日本での母の日の由来はアメリカが大きく影響しており、アメリカでは1907年に、とある女性が五月の第二日曜日に母に贈ったカーネーションが、母の日の起源とされています。

    そんな母の日ですが、日本で浸透してきたのは比較的最近のことであり、それほど歴史が長いわけではありません。日本では明治末期頃には母の日が存在していましたが、この頃はまだ現在のような形ではなく、教会などで認知されている程度でした。



    しかも五月の第二日曜日ではなく皇后陛下の誕生日である3月6日とされており、それが教会だけでなくお菓子メーカーなどによって告知や宣伝が行われたことで、徐々に日本全国に広がっていきました。


    もっともその後、戦争が勃発したことによって一旦は歴史が停止するのですが、終戦後の1949年にアメリカの影響で五月の第二日曜日に移行され、新たに行われるようになります。



    それがそのままずっと継続され、現在に至っています。

    ちなみに贈られる花がカーネーションなのはアメリカの起源からの影響ですが、その時は亡き母親に白い色のカーネーションが贈られていました。

    これとは異なり日本では赤い色のカーネーションが好まれる傾向にありますが、日本でも母親がすでに他界している場合は、白い色が一般的となっています。

  • 母の日の知っておきたい常識

    • 母の日のギフトというとどうしてもカーネーションが定番ということもあって、切り花の花束や鉢植えなどが多く選ばれる傾向にあります。最近は花をより長持ちさせられるという理由からプリザーブドフラワーが選ばれることも多くなりましたし、新たなタイプとして特殊な液体に浸したハーバリウムは、ボトルに入ったお洒落なスタイルと共に美しい状態の花を保っておくことが可能とあって、新たな人気を博している注目のギフトです。...

  • 母の日の知っておきたい情報

    • これまでは母の日の定番のカーネーションを贈り物として贈ってきたという人なら、これからは毎年違う贈り物をするのがいいかもしれません。特にお母さんがだんだんと年を重ねてきたという場合には、毎年異なる品をプレゼントすることがお母さんにとって楽しみとなり、5月からの1年がよりうれしいものになる可能性があります。...

  • 母の日の注目情報

    • 母の日と言うと何を思い浮かべますか?やはりカーネーションなどのプレゼントをイメージしている人が、多いのではないでしょうか?昔から母の日のプレゼントの定番はカーネーションです。ゴールデンウイークが終わると、花屋にはずらりとカーネーションが並び始めます。...

  • 母の日について情報

    • お金はきれいな財布や住まいに寄ってくるというのが、中国で長い歴史を持つ占いとして知られている風水ではおなじみです。日本でも風水を楽しんでいる人は多く、玄関先に六角形をした鏡を置いて毎日せっせときれいに磨いていると、その家には金運がやってくると言われています。...