インプラントの仕組みについて

様々な原因により失ってしまった歯を補う治療法の1つにインプラントがあります。

本来の意味としては失われてしまった歯の代わりに使える人工の歯のことを指しますが、歯科医療においては、一般的には治療そのものの行為のことを表しています。


構造としては、顎の骨に埋め込まれるインプラントと歯冠の代わりとなり人工歯である上部構造、そして、これらを連結するアバットメントで構成されており、現在ではインプラントの多くはチタン製が使用されています。

渋谷のインプラントに関する詳細です。

チタン製は、人によってはごく稀にチタンアレルギーを起こす場合もありますが、他の金属と比べた場合に金属アレルギーを起こしにくく、身体に対しても有害な作用を及ぼさないなどの利点があります。

T-SITEサイトを今すぐ確認してみましょう。

また、熱伝導率が悪いことや重量、強度に関しても優れた素材となっており、塩分や酸に対しても高い高い耐食性をもっています。



施術では、歯肉を切開して顎の骨に穴を開け、そこに人工の歯根となるインプラントを埋め込み天然の歯と同じような歯を作る内容となります。

歯が無くなってしまった場合には、これまでは、入れ歯やブリッジによる対処法がその中心となっていましたが、この方法は全く新しい施術内容となっており、例えば、入れ歯では天然歯が無くなっているために顎の骨が痩せやすく、また、周囲に残っている歯にも負担がかかるという欠点がありましたが、ここでは新しく歯を作るためにそれらの問題を解決することができるようになります。

また、ブリッジにおいても他の健康な歯に手を加える必要があるために、周囲の歯が将来的には損傷する可能性がありましたが、インプラントではその心配が必用なくなります。

そして、特に大きなものとしては、動かない歯を作ることができるということがあります。